書道教室

基本書道 南青山書画院の基本書道教室では、中国、日本の古典を中心に楷書行書草書隷書篆書の五体と仮名から学びます。 はじめは楷書、一画一画しっかりと認識して筆を走らせます。日常にて丁寧に整えて書こうとする時に用いられる書体です。漢字構築の美をも見てとれます。次に行書、書体は意識をつなげ滑らかに書く書体です。気持ちと共に筆を走らせれば自然に流れが出来ます。次々に漢字を連ねて書き流れやリズムを意識します。そして草書、滑らかに流れ文字から文字へ行から行へ移ろう書体。そして時代を三国時代へ遡り隷書、格式高い面持ちの書体。漢字の書体として一番古い篆書、石を掘るがごとく気を入れて、紀元前の書体です。日本独自の仮名も漢字とほぼ並行して学び、平安時代の美しい古典いろは歌を通し仮名の基本的な運筆や変体仮名へと修得します。太郎平書画研究院の教本は歴代の数ある名筆から五体各、代表的、特徴的、芸術性などの考慮し構成されています。歴史の背景、書が必要性、書の成り立ちを念頭に置き修得します。今の時代に、そして自己の書風を目指し修練をお積みいただきます。

古典臨書

古典臨書 「温故知新』古典の臨書を重ね、書道の多くを学び進みます。楷書、行書、草書、篆書、隷書、仮名にわたり修得いたします。書の時代背景、書風の成り立ち、使われた訳、時代時代の書風を紐解き、大変興味深く学ぶ事になります。創作書道、水墨画、篆刻を学ぶ場合は、基本書道講座を学び進め、その後折々に講座を受講します。

楷書

牛橛造像記 孔子廟堂碑 九成宮醴泉銘 雁塔聖教序 建中告身帖

行書

蘭亭叙 虹懸詩巻 黄州寒食詩巻跋 松風閣詩巻

草書

書譜 自叙帖 草書千字文 李太白憶旧遊詩巻

隷書

曹全碑 隷書崔子玉座右銘

篆書

篆書白氏草堂記 臨石鼓文四屏

古典を読む利益 「書道も古典から学ぶ。」

読書から多くを知り得、益をもたらす。

古典は特に滋養に富む。

古い本は今の次代から遠ざかり又、


海外など見知らぬ世界にも旅することも出来る。


そして現実に戻った時、現代、今、何が動き、起きているか。


現代において全体が客観的、鮮明に観てくる。


新たな視点と、方策にて現代と関わる事が出来る。


行き詰った時なども、古典は知性への特効薬になりうる。

— ニーチェ『人間的な、あまりにも人間的な』一説より。

書道教室>書道教室 基本書道
<<書道教室トップに戻る