書道師範課程

日本文化「書道」の継承

自身をわすれない、日本らしさをわすれない。どちらの国の人々にとり「言葉」と「文字」は根幹をなす大切な文化です。我が国に、漢字は中国より伝わり、形式と技法は「書法」とし受け継がれ、文字を持たなかった日本へと伝来し、漢字より始まり母国語の表記となり、後に仮名文字や和様の書とし日本独自の知性と美の文字文化が誕生しました。「文字」により情報、観念など意思の疎通が開けた。一方、「書道」とし精神性に重きを置いた芸術となります。
書道師範の教室を通じて意義深い活動がなされますよう。

書画院の師範

太郎平書画院の教本を用い指導が許されます。
教本の指導概要を元に授業が容易となります。
太郎平書画院の検定へ参加できます。